MENU

ヘアメディカルのAGA治療薬の処方の評判や費用は?

特徴

 

大学病院との共同研究などから最新の医療情報や幅広い症例実績から発毛治療に活かしたAGA治療が強み。
総合毛髪治療を展開しており、個人個人の症例(男性ホルモンに影響を受けるAGA(男性型脱毛症)や、免疫異常によって起こる円形脱毛症、心因性等)に合わせて治療効果を出します。
一般のクリニックとの大きな違いは、「発毛」です。一般クリニックではフィナステリド(男性型脱毛症進行遅延薬)の処方にAGA進行の抑制・遅延が目的ですが、総合毛髪治療では髪を太く長く成長させ、頭髪の密度を増やすことです。
ですから最新技術の検査を行い、医薬品(内服薬・外用薬)による治療とメンタルケア、食・生活習慣の指導までトータル的なケアを行います。

 

 

3万症例の発毛データから専門医が患者に合わせて治療方法を決めるシステム。
(症状の軽い方からAGAが進行してしまった方まで幅広く対応が可能)
「ミノキシジルゲル」を大学と連携し開発。
今までの液体だったミノキシジルを発展させより使用感と頭皮の発毛に効果的なゲルタイプにし、生え際にも効果的に使用可能。

 

「薄毛」の原因を特定し、手術や注射などを行わない「内服薬」「外用薬」「サプリメント」での痛みのない治療方針。
そのため自毛植毛やHARG・メソセラピー等は行っていない。