MENU

aga治療費を安く押えるならジェネリック薬を選ぼう!

aga治療費を安く押える方法としてジェネリック薬を使う方法があります。
上手にジェネリック薬を使うとプロペシアやフィナステリドなどの治療費を上手に下げることが可能です。
ここではジェネリック薬の情報をお伝えしています。

 

ジェネリック薬を使うと料金が下がるのはなぜ?

ジェネリック薬:そもそもジェネリック薬とは、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬!
また、国も後発医薬品として厚生労働省もコストの安く抑えられる効果がある医薬品として注目している。

 

そもそもジェネリック薬は何故、コストが下がるのか?

理由は、開発にかかるコストがとても抑えられるているからです。
簡単に言うと、新薬を開発するのには膨大なコストがかかるのです、動物実験から始まって臨床そして国の認可を受けて販売するまでには膨大な時間も必要とします。
その期間は、10年〜15年も必要でコストは数百億円もかかることもあります・・・。
この開発にかかる膨大なコストと時間が抑えられるのはこの過程がなく、その薬をまるっとコピーしているからです。

 

 

特許とは、料理に例えるとレシピみたいなもの!
これをまるっとコピーしたらどんあ料理でも簡単に複製出来ますよね。
新メニューを作ろうと思ったら試行錯誤や時間もかけて作りますが、レシピが完成すれば同じ味が再現できるのと同じです。
(※もちろん、料理の微妙な味付けノウハウとかはここでは置いといてくださいw)

 

ジェネリック薬=コピーだからと言って効果が低いわけではない

「ようするに新薬のコピー商品か!」と思ってしまったあなたは、ご心配なくこのジェネリック薬は効果も新薬と同等のものです。
実は、このジェネリック薬は、きちんと国の審査を通ったものでなければ販売できません。

 

ジェネリック薬、は国が定める厳しい規制や基準をクリアして初めて、

製造・販売できる

 

ジェネリック薬と言ってもくらい簡単にコピーしたのではなく、きちんとした製造法や基準をクリアできるレベルにないと販売製造できないのです。
なのでaga治療をお考えの方は、ジェネリック薬も考慮に入れて治療を行なうといいでしょう。