MENU

プロペシア(フィナステリド)内服薬で産毛が太くなるのか?

日本でも厚生労働省の認可を受けて、AGA治療に積極的に使用されているプロペシアについて知っておきましょう。

 

プロぺシアは2005年万有製薬(現MSD)から販売されている「男性における男性型脱毛症の進行遅延剤」です。
プロペシア(フィナステリド)効能・効果は「進行遅延」。
あくまでも進行の抑制なので薬自体に発毛・育毛効果があるわけではないのです。

 

プロペシアは、もともと前立腺肥大症の治療薬だった

 

プロペシア(フィナステリド)は、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発され、「プロスカー」といつ商品名で販売されていたものです。
そのプロスカーの副作用として発毛効果があることがわかり、ロゲイン(ミノキシジル)に次ぐ2番目の男性型脱毛症(AGA)用薬となったものです。
効果の仕組み
フィナステリドは、薄毛、脱毛を引き起こす5α‐リアクターゼ(還元酵素)を選択的に抑制することにより、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害し、
発毛作用が期待できるのです。

 

 

補足
日本ではプロぺシアを用いたAGA治療は保険適用外のため、全額自己負担になっています。
プロぺシアは、男性における男性型脱毛症のみの適用で、他の脱毛症に対する適用はありません。
また、20歳未満での安全性及び有効性は確立されておらず、女性に対する適応もできません。要するに女性・未成年者には使用ができないということです。