MENU

ミノキシジル(外用約成分)の育毛効果は副作用から発見された!

ミノキシジルは、もともとは血管を拡張し、血圧を下げる効果のある経口血圧降下剤として、1970年代後半に米国で開発され使用されていましたが、副作用で全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対しての外用薬としての臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されたものです。
(フェナステリドと同じ薬の副作用によって脱毛症の効果が確認されています!)
フェナステリド(プロペシア)との違いは、大きくは内服薬(フェナステリド)か外用薬(ミノキシジル)かの違いがあります。

 

1988年米国フアルマシア・アップジョン社よりロゲイン(ミノキシジル濃度2%)として製品化され、頭頂部の薄毛対策の治療薬としてFDAが認可しました。
当初は米国でも医師の処処方箋が必要でしたが、現在ではドラッヴグストアなどで配合量が5%のものも自由購入することができます。
(日本では、大正製薬が販売するリアップなどが有名です)

 

ミノキシジルの効果について

 

壮年性脱毛症に対して発毛促進や毛髪の成長を維持する効効果があるとされています。(臨床データ等より)
特にミノキシジルは頭頂部のみに効果があって、額の両サイドがハゲる男性型脱毛にはは効果がないとされています。
このことについては、ロゲイン(ミノキシジル)等の外用箱にも記載が確認できます。
また、ミノキシジル毛髪の成長を促進させる因子の産生を促すメカニズムはまだ完全には解明されていないのが現状です。

 

日本で一般に販売されているミノキシジル商品について

 

リアップは日本で発売されているミノキシジル製剤で、壮年性脱毛症に対して発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に効能・効果があるとして、1999年2月厚生省に認可され、6月、大正製薬から販売されるようになりました。日本初の毛髪用ダイレクトOTC医薬品(医師に処方してもらう医療用の医薬品ではなく、薬局やドラッグストアなどで買うことのできる一般医薬品)として話題を呼びました。

 

リアップX5は、2009年6月から販売きれるようになったもので、有効成分のミノキシジルの配合量が5y%の製品です。
従来のリアップやリアッププラス(2008年1月発売また、女性向けの(リアップレディ(2005年発表売)、リアップリジェンヌ(2011年発売)の場合は配合量は1%となっています。

 

価格は、5000円程度から10,000円の間が相場です。(ネット販売でドラックストアより1000程度割安)